スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産適齢期

 出産適齢期

 結婚適齢期というのはよく耳にするけど、出産適齢期なるものはあまりきいたことがありません。結婚適齢期の中に包括されるものだからかもしれませんね。

 病院勤めの経験から、見知った出産適齢期について今日は書いてみたいと思います。多少古い資料をもとにしておりますので、そこはそういう目でみていただいて結構です。また、ここに出てくる内容について、特に数字については個人差などもあり、必ずしもそうではありませんので、あまり拘らないでほしいと思います。

 記す主旨は、多くの女性に出産適齢期を知っていただき、より幸せな人生を送っていただきたいという願いがこめられています。ですから、ここへこられた方も、おもしろ半分や偏見でみないでいただきたい。

 さて、本題です。

 女性が初潮をむかえたその日から、体内の卵巣で卵子が生成されます。ですが、初期のころの卵子はまだ未熟であったりして、即、妊娠というものに耐えられるか疑問があります。十四歳の母というドラマでもありましたが、まだ骨格の成長が不十分な状態での出産というのは、危険をともなう場合もあり、好ましくないのです。

 また、未熟な卵子で妊娠してしまうと、早期早産という確率も高くなりますので、十八歳くらいまでは待った方がいいんでしょうね。

 ではいったいいつ頃が出産適齢期かというと、それは23歳ぐらいから28歳ぐらいまでが最適でしょう。この時期、卵巣は成熟期を迎え、成熟した卵子を生成・放出する可能性が高くなります。つまり、妊娠しやすく、五体満足に生まれる確率も高くなるでしょう。

 一説に、一人の女性が一生に生産する卵子の数は一定であるというのがあります。学術的に証明されているかどうかは知りませんが、この説で考えてみると、周期が同じである場合、生理が早く始まった人は比較的早くに、遅かった人は遅くに閉経をむかえることになります。あなたはどうですか?

 勿論、これは出産可能年齢とは違います。昨今の、栄養状態のよい女性の場合、上記の出産適齢期はもっと幅を広げていいんじゃないかとも思えますが、最近では食物や生活習慣の関係で閉経期が早まっている人がいるという話もあり、この辺は個人差が大きいと考えて、数字にはあまりこだわらないで、出産には最適な時期があるということだけ頭に入れてください。

 こういう人を知っています。仕事に夢中で結婚を三十代後半になって考えだして、結婚にはこじつけたのですが、なかなか子宝に恵まれず、閉経をむかえてしまったのでした。

 子供を産むだけが結婚ではありませんが、欲しいと思ったときにはすでに遅かったということにならないよう、結婚はできれば早いほうが良いと思いますよ。

 高齢出産を控えている方にはちょっと気になる話だったかもしれませんが、いまは医学も発達しています。いらぬ心配はなさらないことです。

 最近は就活がうまくいかず、結婚を希望する女性が増えているそうですが、私は就職ができないからというのではなくて、出産をも頭に入れた人生設計ができたらいいのにと思います。子育ては仕事に携わるのと同じくらい子供を通して社会と関わり、成長をするものだと思っています。仕事に就いて、社会でもまれ、そして子育てもするといのが理想ではないでしょうか。

 そんな母親に育てられた子供は、きっとすばらしい子になるという気がします。

 しかしながら、仕事も子育てもとなると、大卒で就職なんて時期に出産適齢期を迎えて、結婚・出産となると、雇った側にも、なんだ腰掛けか、と嫌がられることでしょう。

 雇う側にも、長い目で見る懐の大きさを持っていただきたいのと、はたらく女性が結婚をしても仕事を続けていける環境というのが整っていれば良いのになあと思うのです。

 頑張る女性に幸あれ
スポンサーサイト

テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

生理痛

 生理痛

 女性ならほとんどの人が一回は経験があるのではないでしょうか?

 生理の前か、最中か後か、人それぞれだと思いますが、腹痛、頭痛などの他にも、胃部不快感や吐き気、失神などさまざまです。

 私は初潮から約十年間(第二次成長期とほぼ重なる)、これに苦しめられました。のたうちまわるような痛みだけでなく、失神してました。

 学校などだとどうしても我慢してしまい、朝礼で倒れたり、保健室のドアの前で倒れたりと、そのての話は尽きないほどあります。

 そんな私が生理痛の対処法について少しだけお話します。

 ①まず、冷やさないようにする。夏場でもおへそまである下ばきを着けてしっかりガードする。肩や腰もそうです。臍だしルックなんてとんでもありません。蒸れない程度にね。お茶やコーヒーなど利尿効果の強いものは体を冷やすだけでなく、便秘を引き起こしやすく、生理痛を激化することにもなりかねないので、生理の前後も含めて控えたほうがいいかも。

 ②生理周期を知って、次はどのくらいにくるか予想をつけて、早めに対処する。
 規則正しい生活を心がけ、睡眠をきちんととる食事も。生理痛の原因とされているプロスタグランジンは脂肪でできていて、この脂肪を多く摂る人はプロスタグランジンが多く、従って生理痛もひどいという話もあります。脂肪は控え目にしたほうがいいでしょう。
 生理が二三日先にきそうな時期、私は小豆を積極的にとりました。私の田舎では昔、一日と十五日に女の子のいる家庭では赤飯を炊くという習慣があったそうです、小豆はむかしから、少女のお助け舟だったんですね。
 赤飯炊くのは大変でしょうから、いまはスーパーなんかでも売ってますし、赤飯はちょっと苦手という人は、小豆の入った饅頭でもかまいません。私の経験からすると、生理が始まるまで毎日少し(饅頭なら一個ぐらい)ずつ摂ると、比較的楽に生理に突入できていました。

③生理痛になったら、なるべく早く対処するべきです。学校や職場などでは、恥ずかしいとか、同僚に迷惑をかけるとか思って対処が遅れてしまったりすると、最悪の状態に陥って、かえって周りの人に迷惑をかけてしまうので、や一枚はおる衣服などは常に用意しておきますが、我慢せずに保健室などで休むこともやむを得ないことだとと思います。

 生理痛はホルモンが原因でひきおこされる場合が多いのですが、中には筋腫病気などが原因の場合があります。痛みが酷い場合には、一度婦人科でみてもらったほうがいいと思います。

 鬱血による腹痛というのが一番強くて代表的な痛みだと思います。暖めるさする、も原始的かもしれませんが、結構役にたちます。

 結婚をさかいに生理痛は緩和していくようです(私はドクターにそう言われましたし、実際そうでした。それでも生理痛とは縁が切れることはありませんでしたが)。こんなに生理痛酷くて、子供産めるのかしら?などと心配している方、大丈夫ですから、いらぬ心配はしないでください。

 私は生理痛が酷かったためか、実際の出産時には、陣痛がさほど痛いと感じませんでした。
陣痛は生理痛とよく似ています。

 できるだけ薬に頼らず、できることは早めにやって、生理痛に対処することをおすすめします。

 悩める女性に、幸あらんことを。

テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

更年期

 更年期

 更年期とは、閉経の前後五年のやく十年間をいいます。

 この時期、ホルモンの急激な変化により、不定愁訴など様々な心身への影響があります。

 更年期の時期は個人差がありますが、だいたい四・五十歳代くらい。

 生理が遅れだしたら可能性あります。そのままどんどん間隔があいてきます。

 閉経前の五年はあまり顕著な症状はないようです。そこで、なぁんだと安心しているとドドーンときて、あれよあれよというまに泥沼に落とされて、ってことがないように気をつけましょう。

 ほてる……背中がかーっとする。右半分だけ汗をかく。足の裏や掌の真ん中あたりから熱気が出ているような感覚がして、夜寝苦しい。少し動いただけで、異常なほど汗をかく。……など。

 イライラする……精神面では徐々にくるせいか、気がつかずにいつのまにかそうなっている場合もあるようです。じつは一番大変なのはこの症状だと私は思います。この時期、子供の自立や親の介護や死といった色々な事態が怒濤のように押し寄せてきて、心身ともに忙しい時期でもあります。今回これを記事にしたのは、このことを書きたかったからです。

 最近、四十代後半で亡くなったタレントの女性Sさん、彼女は親の介護を長い間されて、仕事もやめられたそうで、ついには父の墓前で壮絶な最期をとげられました。

 数年前、演歌歌手の夫婦(奥さんは芸能界を引退されていました)が離婚しました。この方Mさんも四十代でした。

 去年、やはり元歌手だった女性が噺家の旦那さんと離婚されました。この方Yさんも四十代。

 何でその年になってという感想を持たれる方もいたのでは。でも四十だからおきたともいえなくもない気がします。

 結婚後も仕事を続けている女性の方が更年期が軽く済むという人もいます。私は必ずしもそうだとは思いませんが、上の三人は仕事をしていませんでした。

 更年期、女性は自分のことだけでも精一杯なのに、次々と色んなことがおきて、てんてこまい。それ以前だったら乗り越えられたかもしれない精神的な打撃に堪えられなくなって、大きく人生を変換させてしまう、なんてことも起こりやすい。

 四十代になると、何となく自分の先の人生が見えてくる。このままで良いんだろうかなどと、迷いも出て、とくに独身のときに良い感じで仕事をしていて寿退社した人はなおさら焦ってしまうかも。

 鬱々として無気力になる。

 そうならないために、どっかで発散させてください。しかも徐々にです。

 いまから更年期を迎える人、いままっただ中の人、もうじき終わりそうな人、頑張れ。

 いや、頑張れという言葉は使わない方がいいですね。

 少しの辛抱です。更年期のトンネルには必ず出口があります。

 自分を明るくしてくれるものをみつけ、それを大事にしてやり過ごしましょう。

 たとえば、韓流映画にはまるとか、テニスにはまるとか、ささいなことでかまいません。家族に莫迦にされようが、それが自分を助けるんだと思って、懐が寒くならない程度に自分の世界を持ち続けましょう。

 

テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

男性のおっぱい

 今日はがらりと変わって、男性のお乳のお話です。
 とはいっても、エッチな話ではありません。
 
 赤ちゃんが泣き叫んでいるのを見ると、
男もお乳が出たらいいいのにと、よく思ったものです。

 胸にあるのは単なる飾りじゃないか、
体毛や尻尾が必要なくなって退化したように、
男性の乳首は何故退化しなかったのだろう、
なんてこと考えたりします。

 ところが、ある動物学者が、
男でも乳首を吸い続けるとお乳が出るようになるという話を
テレビでしていて、驚かされました。

なんだ男だっておっぱい飲ませることできるんだと思ったのですが、
いまだかつてそんな話聞いたことありませんから、
実際にはあり得ないのかもしれません。

 薬の副作用でお乳が出ることはあるらしいのですが、
そう簡単なことではないようです。
 ホルモンバランスが関係しているらしいのですが、
 詳しいことは私にはわかりません。
 ただ、女性でも、溢れるほど母乳の出る人もいれば、一滴も出ない人もいます。
結構デリケートな問題なのかもしれません。

 男性に乳首があるのは、子孫繁栄のため、第2の母とするため、
というわけではなさそうです。

 男性もおっぱいを飲ますことができれば、
それこそ子育ては平等に、ということで、
どんなにか女性が助かることだろう。

 男性がおっぱい飲ませている姿はちょっと違和感ありますけど、
慣れればけっこう平気かも。

 将来そんな日がくる……なんてことはない、のでしょうね
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。