スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見のお話―森尾さん

 再び花見のお話です。

 朝、外に出てみますと、近所の森尾さんが、
花見の塵の山の間をうろうろと歩いています。
なにか捜しているようす。

 そのうち目があって、挨拶をすると、
なんだか跋が悪そうに笑って応え、
そそくさと帰っていきます。

 次の日の朝もまた次の日の朝も、
私もよせばいいのに気になって外を眺めますと、
やっぱり森尾さんがいます。

 スーパーで偶然に出合ったおりに尋ねてみましたが、
ただにこやかな顔で、
 「何も、散歩です」
と答えたのでした。

 次の年の花見のころも、森尾さんは、
花見のあとの塵の山のあたりを散歩?しています。

 気になってしょうがない私は、
とうとう森尾さんを問い詰めたのでした。

 「拾ったんですよ。これ」
と言って、森尾さんは右手でお金の形をとりました。
 「えっ、お金ですか?」
 「ええ、八千円」
 「まあ、そんなに」
 「また落ちてないかと思いましてね」
 森尾さんはははと笑います。
 
 それって、もしかして、ねこばばしたってことじゃないですか。
 と言葉にはしませんでしたが、
私の顔がはっきりそう言っていました。
 
 森尾さんは何も言わずに自分の家へ入っていきました。
 疑問がとけて、すっとしたような気がしたのですが、
新たに、なにかがもやもやっとする感じです。

 しかし、八千円も落としたのんべさん、
きっとあとで冷や汗かいたことでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。