スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタマジャクシ

 窓際でギャッギャッと雨蛙の泣き声が聞こえました。
冬眠から覚めたんでしょうね。
 今日は蛙の子、オタマジャクシの話です。

 小学校の帰り道、小さな池をのぞくと、
池の中に黒い影がありました。

 何だろうと近づいてみれば、それはオタマジャクシの大群でした。
すぐ手の届く場所でもあり、私はわくわくしてきました。
 雨蛙の子であるその黒くて小さなオタマジャクシには、
やはり小さな目が二つ見えました。

 「かわいい~」
 
 私は急いで家へ帰りました。
 
 母にただいまというとすぐに、
 「お母さん、お母さん、そこの池にね、オタマジャクシがいっぱいいたよ。――バケツ、バケツ」

 「捕ってくるつもりなの?」
 頷く私に母は困ったように、

 「捕ってくるのはいいけど、あとどうするの?」と訊きました。

 「決まってるじゃない。飼うのよ」

 「――やめてちょうだい。蛙になって庭中跳びまわられたらかなわないわ」

 蛙がちょっとだけ苦手な母は手で顔を覆ったのでした。

 そんな母のことなどお構いなしに、私は玄関の脇にある水場に置いてあったバケツを右手に池へ向かったのでした。

 池のオタマジャクシは群れの形を少し変えていましたが、前と同じ場所に群れていました。

 私はわくわくしながらバケツで黒い塊を掬いました。

 バケツには黒いオタマジャクシたちが激しく動いているのが見えました。

 私は鼻歌まじりで家へ帰ると、納屋にしまってあった水槽を引っ張り出してきて、きれいに洗い、
そこに、バケツのオタマジャクシを網ですくって移しました。

 その水槽をうんうん言いいながらベランダに飾ると、
澄んだ水の中で、ビーズのようなオタマジャクシのからだが黒光りしているのが見えました。

 私はその姿に魅入られて、眺めていました。

 ところが、しばらくすると、数匹のオタマジャクシが仲間の尻尾を突きはじめ、 そうこうしているうちに、仲間どうし突進しあい、共食いを始めたのでした。

 思いがけないオタマジャクシたちの行動に、私は驚いて、
 「何やってるの?やめなさい」
 と叫ぶのですが、オタマジャクシたちに分かろうはずがありません。

 あれよあれよという間に、オタマジャクシは三分の一ほどに数が減ってしまいました。

 半泣きの私に、母が、
 「あらあら、きっと、おうちが狭かったのね。可哀想だから、池に返してあげましょうね」
 と促したのでした。

 私は水槽のオタマジャクシをバケツに戻し、元の池へ返しにいきました。
 私が掴まえてきたりしなかったら、オタマジャクシは死ななくてすんだのにと、
自分の罪の深さに打ちひしがれました。

 池に帰ったオタマジャクシは尻尾を激しく振って、元の群れに戻っていきました。(おしまい)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。