スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムサシの桜

 「あたしはねぇ、あなたがいたから、妻やって、母親やって、娘やって、先生やって、……これたのよ。いなくなって、あたしどうしていいかわからない……ほんっとーに、困ってんだから――」

 私は泣いて地面を叩いた。

 ぼやけた視界の中で、夫が近づくのが見えた。目の前に見えた夫の胸は広く、息遣いが聞こえた。

 私は溺れた子のように無我夢中でその胸にしがみついた。

 夫は無言でなされるがままに私を受け入れた。

 染料の匂いがした。昔どこかで嗅いだことがあると思った。

 父の匂い。幼いころ怪我をしてだっこされたときに感じた匂いだ。

 「お父さん!」

 「なんでも分かっているような顔をしてきたけどね、本当は、私、いつも不安だったの」

 私は父の胸で涙に濡れた顔を拭いた。

 父は私の頭をなでた。遠い日、私が泣いていると、こうして父は黙って私の頭をなでてくれた。

 私は小さな子供だった。

 父の胸は温かく、心地よかった。

 父の背後で母が微笑んでいる。

 何もおそれるものはない。

 このままずっとこうしていたい。

 こうしていよう――。

        (つづく)
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。