スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑問に思うこと

 年を重ねてくると、むかし当たり前に思っていたことが、どうしてそうなんだろうとか、疑問に思えたりする。

 たとえば、死んだらお墓にお骨を納めて、仏壇に位牌をおくなんてことは、勿論宗教的な意味のあることなんだろうけれど、どうしてそんなふうになったんだろうとか思ったことありませんか?

 死者に対する遺族の考えを、ある程度はんえいさせてのことかなあなどと考えてみたりもするんだけれども、ひとところに住み続けられるならともかく、転勤族に墓守はたいへんだろうなあと思う。

 そもそも骨壺にしても、故人の骨全部を納めるわけではないらしい。あの小さな骨壺に頭蓋骨やら大腿骨までおさまるはずがないのは一目瞭然。

 では納骨したあとの骨はどこへ?

 骨は散骨して海にまくとかして、位牌だけを持って、転勤した場所へいく。で、その家にあったサイズの貸し仏壇を借りてきて、納めておけたら便利だなあと思う。

 年に一度くらいしかお墓へいけない遺族にとって、墓が荒れてしまうことを懸念するよりは、毎日仏壇にまいれるわけだし、その方が精神安静上ずっといい気がする。

 そういえば、知り合いに一抱えほどある木箱に先祖代々の位牌を収めて一緒に引っ越しをしている人がいた。

 名前すら知らないご先祖さまの位牌もあるのだけれど、罰が当たりそうで捨てることもできないでしょうとその人は笑っていた。

 それもたいへんだなあ。

 供養すれば、お墓にしても位牌にしてもまとめることはできるらしい。でもそういったことって、やっぱり専門家に任せなきゃ分からないです。

 と、お墓の話はこれくらいにして――。

 最近職場の男の人に赤ちゃんが誕生して、その人、育児休暇をとったんです。

 はじめ聞いたときは驚いたんだけれど、考えてみれば、自分のお産のとき、夫にも育児分担してもらえたらどんなにいいだろうなんて思ったものです。

 忘れていたなあ。それが出来るようになったことを私は女としてむしろ喜ぶべきなんだと気づきました。

 育児は夫婦で、妻に、夫に、と色々選択肢があっていいのではないでしょうか。(おわり)

 

 

 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。