スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治癒力

 手術後、「ちゃんと栄養のあるものを食べないとね」と身内の者に言われた。

 何も考えていなかったので、はっとした。それはかつて私が相手に言った言葉だった。今回は反対に言われたわけで、なんだか妙な感じ、でも嬉しかった。

 話は変わりますが、非業の最期をとげた坂本龍馬は、初期の襲撃のさい、追ってから逃れたものの、手の傷が深傷となって、危ない状態に陥ったそうだ。このときは、おりょうの素早い機転で助かった。

 同じく幕末の志士で、長州藩の井上聞太が斬り殺されたときも、なんとか一命はとりとめた。この時の状態はとても助かるとは思えない状態だったというから、井上聞太の生命力たるやものすごかったんだろうと思う。
 
 いずれも、急所をはずれていたのでしょうね。とはいえ、傷が多ければ、出血も増え、出血多量になったでしょうし、ショックがおきたかもしれない。そうなれば、死んでいたことでしょう。人の助けと運の両方がなければ助からなかった命かもしれません。

 今のように医療技術やお薬も豊富でなかったのですから、かなり自然治癒に頼るところはあったでしょうね。
 それを思うと食べ物ってのも無関係じゃない気もします。治癒にはやはり血液が係わっていますので。

 いぜん、お医者さんに、血を造るのにどんな食べ物を摂取したらいいかといった話をうかがったことがあります。

 手っ取り早くは野菜ジュースだそうです。野菜ジュースはさらさらした血を造ってくれるそうです。
 ただし、これは敢えて言うならという話で、実際には、血は食べ物の影響を受けるので、肉や魚介類、野菜などをまんべんなく、バランスよく摂ることが大事なのだそうで、規則正しい生活をする、昼活動して夜はちゃんと寝る、当たり前の話ですが……など。血は1日にしてならずっということだそうです。

 そういえば、大けがを負った人が、三日三晩寝続けたなんて話をきいたことがあります。トイレにも起きずこんこんと寝続けるのだそうで、じっさい自分でやろうとしてもできるものではないです。

 寝るというのは、副交感神経を働かせるそうです。リフレッシュさせる、つまり自然治癒力を高めるのだそうです。
 きっと体が傷を癒すために省エネして眠らせるのでしょうね。

 病気したら寝るっていうのは当たり前のようなものだけど、怪我をしたときも、少なくとも夜はちゃんと寝るってのは必要なことなのかもしれないですね。

 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。