スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震4

 浅い眠りの中で、異質な音を聞いた。

 電気のスイッチが入ったような音だった。

 もしかして、停電がなおったのかも、と起きだし、証明のスイッチをいれる。

 ついた!

 心の中で拍手。四時だった。のち、撃沈。

 二時間ほどうつらうつらとして起きる。

 まづはテレビで情報収集。

 東北の太平洋側が大変なことになっている。

 大津波。

 夕べカーラジオで聞いたことがどうにも現実のこととは思えない気がしていたのだけれど、テレビの映像は事実を語っていた。

 市内は断水しているらしい。県内へ向かう道路や電車が全部停止している。

 もしかして、私たち、孤立してしまったってこと。

 朝食をとりながら何か人ごとのように思う。

 水の出が悪いのは断水のせいか。でもちょろちょろだけど、水は途切れることはない。

 ため水しておくことにする。

 県外の病院の予約を取り消し、延期してもらう。

 もしまだ停電していたら、連絡もできなかったんだなあ。

 親戚やら知人から安否確認の電話がはいる。

 電話の呼び出し音がするけど、出ないとか、話中になってすぐ切れたとかみんな心配していたということだった。

 ありがたいことだ。感謝感謝。

 夕べご飯がたけなかったこともあり、パンが残り少ないので、昼食後、買い物に行く。

 いつものスーパーは閉まっていた。前に行列ができている。入場制限をしているとのことだった。

 ここはあきらめて、コンビニへ行く。

 なんとパンやカップラーメンの棚が空っぽ。

 そうか、道路が通れないとうことは、市内へいろんな物資が入ってこないということだ。はじめてそのことに気がつく。

 それからコンビニまわりをすることになる。でもパンはどこにもなかった。

 コンビニの駐車場では車の中で若い女性が人目も気にせずおにぎりを口に運んでいた。

 あとから知ったのだけれど、我が家は恵まれた方で、断水ガス停止、停電の三重苦のところもあったとか。

 満足に食事もできていなかった人もいたことだろう。

 菓子など少しはおなかにたまるものを買って帰宅することにする。

 そろそろガソリンを入れなければとガソリンスタンドに寄って仰天。

 道路へはみ出るほどの行列。スタンド内はすし詰め状態。

 そのさなか、もう一人、昨夜帰宅できなかった家族から市外だけど、迎えに来てほしいと連絡がはいる。

 ガソリン入れるのパスするわけにはいかない。

 並んでガソリン入れて、一旦帰宅して荷物を入れてから迎えに出発することにする。

 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。