スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流いろいろ

 昨夜の月蝕、観ました。皆既月食のときのうっすらと赤い丸い影、神秘的でした。でも観察するには寒すぎ。

 さて今日の話題は、韓流ドラマや映画をみて、ふと「へえ、そうなんだ」「何だ?」などと思ったことや、日本と韓国の文化の違いや共通点などについてです。

 まず、恋愛ドラマに必ずといっていいほど登場する場面、おんぶ。男女の情が深まる瞬間として描かれることが多いのですが、日本のドラマではさほどでてきません。男性とはいえ女性をおぶって歩くのはけっこう大変なこと、でもそれだけ逞しさのアピールにはなるし、それほど君のことが好きなんだという物言わぬ語りかけにもなる。おぶわれた女性は、男性の広く逞しい背中をみ、体温も感じてドキドキするってことでしょうか。

 韓国のお家には庭にばんこのような台が置かれていて、ソウルなどは家事情があるのでしょうか、拾いベランダや屋上に置かれていたりしますが、そこで、食事をしたり、本を読んだり、髪を切ったり、子供がおもちゃで遊んだりしています。なんだかほのぼのとしてきていいなあと思う場面です。さすがに冬場は寒くてほとんど利用しないようですが。

 家族のお誕生日を大事にしているようです。姑が嫁に実家のお母さんの誕生日にいってらっしゃいと送り出す場面などがあり、そういうのは当たり前なのかなあと思ったりしました。

 それから、お酒を飲んだ翌朝や、病気のときなどには鮑のおかゆを食べさせるらしい。鮑といえば、高級素材というイメージがあるのですが、韓国ではお手頃な値段で売られているようです。美味しそう。

 ここからは韓国の地理歴史にかかわるへえーです。

 日本と同じように韓国にはたくさんの島があり、首都ソウルとはすこし違う文化や景色が見られます。でも日本と大きく違うのは、大陸の端にあるとはいえ、中国やヨーロッパへつながっているという点です。北上すればシルクロードへと出、砂漠もあり、異文化と出会える。歴史ドラマのおもしろさはそんな異世界をも描けることでしょうか。

 悲恋の下地となる身分制度。現在でも結婚において、家柄などで釣り合いがとれないなどという場面があります。これは過去の身分制度を引きずっているからなのでしょうか? 「チュノ」でも描かれていた両班、平民、奴婢、身分が違えば結婚できない。キーセンやサダンの人たちにいたっては結婚すらゆるされていないようで、そういえば、テギルが仲間にお金を何に使いたいのかと尋ねる場面で、ソルファが「すてきな人と出会って、一緒に、空腹を感じずにくらしたい」と答えたのに対し、あとでテギルがソルファの夢は一生かかってもかなわないと言っていたのを思い出した。悲しい話です。


 

 

 
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。