スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストオブアス

「ラストオブアス」というゲームをした。
 このゲームはアドベンチャーの部類で、「バイオハザード」みたいなホラー味、グロイなどがあるもので、苦手な分野のゲームだったにもかかわらずやろうと思ったのは、そのストーリーが絶賛されていたからです。
 で、クリアは楽ではなかったけれど、やって良かった。余韻の残るエンディングで、クリア後もラストシーンのことばかり考えていました。
 ということで、今回はそのエンディングについて、私なりの解釈を書かせてもらいます。(ネタバレあり)

 その前に、エリーのこの病の状況を考察です。これはラストのエリーの台詞を理解するのに必要だと思われる。(あくまで私の勝手な解釈)
 謎の病原菌が体内に入ると、人の体の中では免疫機能が働く。具体的には、病原菌の正体を調べ欠点を探し、キラー物質を作り出し攻撃排除する。風邪は三日で治るなどといわれるは、その期間が三日ほどかかるからだそうだ。
 しかし、免疫機能が未成熟な幼い子の場合、免疫機能が十分働く前に病原菌が繁殖してしまい。体内から完全に排除することが出来ず、残ってしまうことがある。たとえば、水疱瘡なら、水疱瘡自身は治癒してもう二度と罹ることはないが、水疱瘡のウイールスは体内に残って、抑えこまれてはいるが、死んではいない状態になっている。その後、体力が衰えたりするような状態になったとき、眠っていたウイールスが再び暴れ出すことがある。これが、ヘルペスや帯状疱疹と呼ばれる病気です。

 おそらく、エリーはこのような状態にあるのだと思います。体内から完全に病原菌を排除した場合、これを完全治癒とよぶのですが、ハイウェイで政府軍につかまり、探知機にかけられた場面で、エリーが完全治癒していたのであれば、レッドゾーンにならなかったと思われる(この探知機が何に反応するものか不明なので、断言はできませんが)。その後もエリーは自分のことを感染者だと言っているので、体内に病原菌がある状態ではあるのだと思われます。それから腕のかまれたあとの状態から、完治しているのであれば、患部は乾燥してはげ落ちているだろうし、そうでなく進行が途中で止まったような状態になっていることからも完治はしていないのかなあと。
 この未知の病原菌の恐ろしいところは、感染したら、百パーセント?免疫を作ることができないこと。その原因には、感染から発症までの期間が非常に短くそもそも、免疫を作り出す前に死に至ってしまってしまうということがあるからではないか。水疱瘡なら潜伏期は2週間ぐらい、インフルエンザでも1・2日かかるのに、この病は1時間で変異をはじめる。
 こういったことを踏まえて、ラスト車を降りる前のエリーが腕の患部を見るシーンから。
 エリーは腕の患部を眺めながら、自分の存在そのものを考えこれで良かったのだろうかと自責の念にとらわれたのではないか。ジョエルが車の中で言った言葉に、エリーはうすうす嘘だと気づいていた。麻酔から覚めたら車の中で、しかも手術着、養母であるマーリーンとお別れの挨拶もせずなどと言う状況には無理がある。マーリーンがエリーにどこまで話をしていて、ジョエルが言ったことのどこまでが嘘と思ったのかははっきりしない。マーリーもさすがにワクチンの開発と引き替えに命をおとすことになるとエリーには告げなかったのではないかと思う。もし、エリーが死をも納得してそれでもというのであれば、コロラドのキリンのところで、これが終わったらどこか好きなところに行こうとジョエルに言うシーンはあまりにも悲しい。
 ただ、ラスト車の中では、ジョエルとマーリーンの間に何かしらのトラブルがあって、それはおそらくエリーの生死に関わるようなことであったに違いないと感づいていたのだと思う。ここで、エリーは患部を見ながらジョエルの気持ちを有り難いと思いながらも自責の念との葛藤をしていたのではないか。

 ラストのエリーがボストンで噛まれたときの話の場面。
 何故エリーは噛まれた時の話をしたのか。初めてのエンディングでは?だった。何度かエンディングを観るうちに、私はこう考えた。エリー自身が完全に治癒した状態ではなく、いつか自分も死ぬのではないかという恐怖を今も親友やテス、サムと共有している。だから誰も得ることが出来なかったこの病の免疫を持っている自分は、みんなのためになるのであれば、死んでもかまわないと思っている。どうせ、死の苦しみも分からない状態になるのだから怖くないと。そう言い置いたうえで、本当なのか誓ってとジョエルに問いただす。
 ジョエルは生きる目的をみつけなければだめだ、つまり生きよとエリーにつげ、エリーに「誓う」とこたえる。ジョエルにとってエリーは生きる目的であり、また、エリーにとっても一人になることが一番恐ろしいことでありジョエルが生きる目的でもあったと思える。ジョエルの嘘をエリーは知っているし、エリーの苦悩も知ったうえで、一緒に背負うからそれでも生きろとジョエルはいいたかったのだと思う。
 最後のエリーのOKは、重荷を背負ってそれでも生きていくと決心したOKだったのだと思う。 
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。