スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃カメラ

 先日、胃カメラを呑みました。そのときのことを、今日は書きたいと思います。

 検査の前日、九時までに飲食を終えます。水を飲むくらいは、当日の朝三時間前ぐらいまでできます。

 当日、朝食を抜いていざ病院へ。

 車での来院は控えてほしい(使用する薬の影響を考えて)とのこと、歩いて行く。曇り空、用心に傘を持っていく。

 予約の二十分ほど前に到着。

 時間になって呼ばれる。

 まずは、問診、胃の泡を消すとかいう白い液体状の薬剤を飲み(どろっとしてる)、左腕に胃の動きを抑える筋肉注射をうたれる。ちょっと痛い。

 ここで、二回にわけ、三分ずつ喉の麻酔液を口に含む。一回目はうがいする感じで、二回目は口に含んでから飲み込む。液体の触れたところはぴりぴりしびれてました。

 別室へ移り、ベッドへ横になる。

 看護師さんから今後の手順の説明を受ける。

 口の中に一回目の麻酔を噴霧されごっくん、二回目は先生が、直後消灯。

 マウスピースを口にくわえ、いよいよ管が口の中へ入って行きます。食道に入った瞬間だと思うけど、少し圧迫感を感じた。もしかして、私の口に含む麻酔のやり方が上手にできなかったせいかも。

 ほとんど感覚はないけど、管が食道や胃の中に入っていくと思ったら急に恐くなったけど、ここでパニクったら痛いには私だと一生懸命気持ちを落ち着ける。

 管が胃の一番奥に到達した感じはわかった。息を鼻から吸って口から吐くを続けるが、どうしても反射的にごっくんしてしまう。その瞬間、管の存在を感じる。食道などへの負担を考えれば、本当はこれはできるだけ我慢した方がいいのだが、数回やってしまった。

 「はい、仰向けに」

 で、顔はそのまま体だけ仰向けになる。これを一回やったらもとの横向きになって、しばらくしたら、「はい、息止めて」と言われた。

 息止めたら、目の前で、管が出てくるのが見えた。

 もう終わったんだとほっとする。

 「よだれはこれで拭いてくだい」と看護師さんに言われたけど、よだれなんてまったく出ませんでした。

 暫くそのままベッドで休みましたが、頭がんがん、目がちかちか、眠いで、早く家に帰って寝たい気分だった。

 会計を済ませ、家へ四十五分かけて帰る。バタンキュウ。昼ご飯は後回し。

 最初で最後にしたいと思った。

 

 

 

 

 

 
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。