スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルジャクソン

「マイケル・エスプレ」の続きで最後の記事になります。
 最近発見したこと
 「ゴースト」の「タタラッタータタラッター」というリズムは、熊本市で九月に行われるお祭りのリズムと同じ。
 ピクトグラムというのがあって、それがオフになっていることに最近気づいた。これはダンスの手順や上手く音楽にのれて踊れたかなどを確認できるすぐれもの。久しぶりに説明書を読んでみて知った。なんてこったい!
 シェイプアップ
 はじめ二キロ軽く減してから一ヶ月あまりの間停滞期に、最近やっとまた減りはじめました。筋肉痛はあるけれど、膝や腰の痛みはなしで、順調です。
 マイケルの死
 「マイケル・エスプレ」を踊ってみて、実感したのだけれども、私のようなヘタレダンスでも、三分間踊り続けるのは結構きつい。ダンスやアイスダンスはスポーツではないなどという人もいるけど、私はそうは思わない。特にマイケルのダンスをみていると、本当に神経が行き届いていて、切れが良いので、いっそう体力の消耗は激しいことだろう。しかも歌って踊ってだし。
 マイケルの死後に放映された「THISU IS IT」では、カムバックにむけてマイケルが体力作りなどをしてのぞみ、コンサートにかける意気込みがが伝えられていた。しかし完璧主義だったことが自らを追い込んだところもあったらしいというようなことだった。五十歳の死といのは早いけれども、若死になるかどうかは微妙なところかもしれない。
 ただ思うのは、やっぱりマイケルは天才だ! 本当に惜しまれる。合掌 (了)

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

マイケルジャクソン

 まずは前回に補足です。ダンス用の靴を用意。トウシューズのような紐靴です。値段は四千円くらいだったかな。これをはいたことで、足首や足の裏の痛みは画期的によくなりました。ターンも楽。
 で、ダンスの内容はというと、イージーからハードまで難易度があるので、はじめはイージーから。別にレッスンというのがあって、曲をこなして☆集めると、受けられるレッスンが増える仕組みになっています。ブレイクダンスみたいのやら、ハワイヤンみたいのやら、リトミックみたいのやら色々あって楽しい。人前で踊るのはちょっと恥ずかしいかなあといのもあります。
 ダンスド素人の私としては、ついていけないものもあるのだけれど、別に誰かに見られるわけでもなく、減量が目的だから、☆五つとれなくてもまあまあてな感じでやっていますので、ぼちぼちでんなあ。マイケルダンス特有の体ピクピクとか、膝パタパタとか、きれが悪いのも気にしない。とはいっても、やっぱり☆が増えると嬉しいし、どこが悪いのかなあと録画(自分の踊りの一部が録画されます)をチェックしたりはします。
 そこで気になるのが、ムーブの感度。どの程度感知しているのか。結構いけたと思ったのに、☆あんまりとれてなかったり、グタグタだなあと思ったわりに☆とれてたり、なんでだかよくわかりません。ボーナスポイントがとれなかったときなど、録画チェックすると、微妙に曲とずれてるのが分かるっていうものあるのだけれど、上下の運動など、微妙な高低差でOKかそうでないか決まるみたいです。
 手順を覚えるのも大変だけど、集中しないと失敗するので、余計なことは考えられません。考えた瞬間グダグダに。ひたすらダンスのことだけを考えている。踊り終わればスッキリ。
 欲を言えば、もう少し画面の大きいテレビだったらいいなあ。裸眼で動作を読み取るのが私の場合大変。
(次回に続く)

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

マイケル・ジャクソン

 久方ぶりです。ブログの操作とか少しばかりとまどったりしました。
 最近はシェイプアップを兼ねてPS3の「マイケルジャクソン ザ エクスペリエンス」をほぼ毎日やっています。腰や左足に問題ありの私としては、散歩やジョギングでの減量はなかなか難しいこともあって、専ら水中歩行で減量していたのですが、肌が弱いため、カルキにまける。ゆえに週に一回(シャワー後にクリーム)が限度でした。
 何か良い方法はとはじめてみたのが、「マイケル・エクスペリ」(と以下略させていただきます)。
 ランニングと変わりないのではと思ったのですが、腰や足への負担は思ったほどでもなく、もう二ヶ月続いています。
 何でだろう? と考えてみるに、ランニングは走るフォームをずっと続けなければならず、ダンスは背伸びをしたり左右への動きなど、重力が分散引き上げといったかたちになるためではないかと思われます。ただし、ジャンプやクイックはいけません。これをやって、二週間目ひどい膝痛と足首痛になり、三日間休みました。問題のある左膝に簡易のコルセットを装着し、クイック、ジャンプはひかえてダンス再開したら、まだ痛みはあったけど、良い感じで、その後少しずつ痛みもとれてきました。減量も少しずつですが、かえってその方が体には良い感じします。急激な減量は私の場合風邪のもとです。(次回へ続く)

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

ハワイ クジラ

 クジラウォッチングⅡ

 船はやがてクジラの群れをとらえました。目の前を、イルカのように背中を水面に出しながら五六頭のクジラが泳いでいきます。人でたとえると、走っている感じでしょうjか。ダイナミック! 潮吹いているのもいます。しかも一頭や二頭じゃない。

 しばらくして一頭のクジラが船の前をゆうゆうと横切っていきました。やっぱり大きいなあ。口から頭にかけてある突起物も見えていて、ザトウクジラに間違いない。
 
 波間に目をとられていると後方から声をかけるものが……。イケメンのおにいさんが手に持っていたのは、乗船前に撮った写真でした。背景には海やクジラの姿も、親子のクジラも一緒にいます。写真は決定的瞬間をとらえ、記念用に加工されていたのでした。値段は25ドルだそうな。デジカメは持っていたけど、クジラの姿をとらえるのは無理そうだと思っていたので、はいはいちょっと待ってねといって、財布をとりにいきました。

 船は幾つかのクジラの群れの中を移動。そして甲板では悲鳴が――。海の水が甲板までとんできたのです。船の前方甲板にいた人たちのかなりの人が潮をかぶりました。私も頭から足の先まで、持っていた鞄まで濡れてしまいました。こんなにまでなってクジラ君に会いに来たのだから、もっと姿を見せてくれ~。

 ちょっとへこむ、しかもクジラたちは海の深い所へいってしまったのか、姿が見えない。

 しばらく青い空と青い海、白い波を眺めていて、疲れたなあと後ろを振り返ったときだった。船の右サイドで、一頭のクジラが大ジャンプ。横向きだったので、なかなか観れないであろうお腹側をみることができました。おもわず大声をあげてしまい。近くにいたラテン系のおばさまもその声につられてその姿をキャッチして大喜び。

 他にもジャンプはいくつかみたけれど、この日一番のクジラショットはこれでした。大満足。

 クジラが水面近くにいるとき、船からみると、クジラのいる部分だけが、きれいな青緑色をしています。これも素敵。

 港への帰路、ガイドをしてくれたおねえさんたち、日本語の達者なおねえさんもふくめ、甲板にやってきて、クジラの話やホノルルの街の話などをしてくれました。いよいよ港近くなって船内へ戻ると、長いストレートの黒髪がすてきだった日本人のご婦人の頭が寝起きのようになっているのをみて、もしやと頭に手をやると、潮にやられたらしく、私の頭も寝起きのよう。もう笑うしかない。

 船内ではクジラだけの写真を販売していました。こちらは値段いろいろ。
 晴天に恵まれ、クジラも観れて大満足でありました。

続きを読む

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ハワイ クジラ

 クジラウォッチングⅠ

 お久しぶりです。

 私の中では少しふるい話になってしまいましたが、今回はハワイでの目的の一つでもあるクジラのウォッチングに関するおはなしです。

 クジラと一口に言っても、色々な種類があるのですが、ハワイ沖でウォッチングできるのはザトウクジラ、個人的には地球上最大のほ乳動物であるシロナガスクジラを一度でいいから肉眼で見てみたいと思っていたのですが、勿論ザトウクジラでも大満足という思いでいざゆかん。

 ハワイのツアーは出発前に予約しておくものと、到着後にツアー会社で予約するものとがあります。日にちや時間、ここに行きたいなど、希望があれば、出発前のできるだけ早い時期にツアー予約とっておいたほうが良いです。
 そこまで考えてなくてとか、生きたいツアーはあるんだけど、天候に左右されるのでなどという場合は着いてから考えてもいいいかも。ハワイの天気は変わりやすく天気予報をまるのみするとあてがはずれて雨ザーザーなんてことも。特に冬季はハワイは雨期にあたります。

 で早朝、待ち合わせ場所のホテルの裏口へいくと、いるはいるは日本人、韓国人、中国人、白人。色々なツアーの待ち合わせ場所になっているらしく、狭い道にバスやジープが入れ替わりたちかわり。

 時間になってもこないので、ちょっぴり不安になっていたところへ、アロハシャツきたおにいさんがツアー名のはいった紙を持って現れた。ホッ。

 バスで港まで行き、いざ乗船と思いきや、途中でとめられて写真をぱちり。んっ? これって某遊園地などでやっている知らないうちに撮られているあれにちかくないか。

 まあまあと心をおちつけ中へ、私たちのバスが一番最後だったので、すでに多くの人がいてテーブルについてジュースを飲んだりしていました。日本人もいる。

 出航すると、クジラウォッチングについての説明が英語と日本語であり、英語わからなくても大丈夫です。

 ザトウクジラがハワイ沖にきている時期は冬で、この時期出産子育てをします。暖かくなると、北へ移動していなくなるんです。といわけでウォッチングできるのは五月ぐらいまで、ツアーは四月までだそうなので、三月にいった私たちは滑り込み気味なのかな。

 私たちのいったクジラウォッチングのツアーは朝と昼の部があって、昼は食事がでます。ランチを食べながら優雅に船旅をというかたにはこちらがおすすめ。
 私はとにかくクジラが見たかったので、迷わず朝のツアーを選択していました。

 船の前後に甲板があってそこから海を一望できます。私は右前の甲板へ出てクジラが現れるのを待ちました。

 船はオアフ島の西側から出航して東側のダイヤモンドヘッドのほうへと移動していきます。けっこう島に近い場所をいくので、観光にもなります。

 白人の恰幅のいいおばさまが、あそこで潮吹いてるよと教えてくれたので、指さすほうへ目を向けたのだけれども、白波はたくさん見えねど潮吹きはみとめられず。もしかしてこのツアーって、クジラの潮吹き見ておわりってことなのかなあと不安になる。

 (続きはクジラウォッチングⅡで)

 

 

テーマ : ハワイ
ジャンル : 旅行

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。